2015年1月9日金曜日

陸上自衛隊東北方面航空隊の「訓練はじめ」

2015年 1月 9日 (金) 晴れ

●昨日の1月8日(木)午前、陸上自衛隊東北方面航空隊の「訓練はじめ」があり、防衛モニター

 として訓練に参加しました。

   1月9日河北新報 朝刊記事  →  陸自東北方面隊 ヘリ初訓練

 陸上自衛隊東北方面飛行隊では17機のヘリコプターが「みちのくの復興」と「航空安全」を祈念

 して、被災地域である荒浜・松島・亘理上空などを飛行しました。

 当初の予定では18機が飛行予定でしたが、当日の朝、1機(2番機)がストライキを起こして

 17機での飛行に変更されました。

      訓練開始式        09:30~09:40
      東北方面総監訓示  10:00~10:10
      編隊飛行        10:25~11:40

      視察官          第37代東北方面総監 陸将  村松 五郎
      訓練指揮官       東北方面航空隊長 1等陸佐 濱岡 清隆

      訓練参加機種      観測ヘリコプター OH-1
                     観測ヘリコプター OH-6
                     攻撃ヘリコプター AH-1S
                     多用途ヘリコプター UH-1

      飛行経路         霞目飛行場~松島~大和~船岡~霞目飛行場

 第37代 東北方面総監 陸将 松村五郎氏による訓示

 方面総監訓示を受ける隊員たち
 
 搭乗した1番機の多用途ヘリコプターUH-1
 
 離陸準備作業中の機長(左シート)と副操縦士(右シート)
 
 コックピットには様々な計器類や大小スイッチ類が並ぶ
 
 機長の頭上には「お守り」
 
 編隊を組んで飛行中の3番機
 
 利府町上空、高度約200m
 
 編隊飛行中の訓練参加機
 
 大和町上空
 
 仙台市泉区上空
 
 飛行中のコクピット
 
 編隊飛行中の各機
 
 仙台市青葉区の「仙台大観音」
 
 東北自動車道の菅生サービスエリア
 
 スポーツランドSUGO
 
 柴田町(白石川と阿武隈川の合流点)
 
 3番機
 
 岩沼市のメガソーラー発電所
 
 仙台空港
 
 名取市閖上海岸
 
 名取市閖上地区
 
仙台市若林区の稲刈り後のコンバインの「轍」のあと