2014年6月22日日曜日

奥会津・昭和村大字小野川字大岐地区を散策

2014年 6月 22日 (日) 小雨


●今日の仙台市太白区は朝から小雨が降ったり止んだり、梅雨らしい天候です。

 気温も22度前後と低く、肌寒く感じます。


●先週18日(水)は第5期奥会津大学の菅家博昭氏の授業に参加するため、奥会津・昭和村を

 訪問しました。昭和村訪問は5月12日以来、約1ケ月ぶりです。


●早朝4時過ぎに昭和村へ入り、大岐地区から柳沢峠を越え、最初に昭和村大芦地区の矢ノ原

 湿原にある昭和村の銘水「代官清水」で水汲みです。

 ポリ缶8本、160リットル
 
 ポリ缶8本がトランクにピッタリ収納

いつ来ても水量が豊富な銘水「代官清水」

早朝の大芦地区は朝霧に包まれていました
 

●水汲み後は大芦地区から両原地区、喰丸峠を越え、小野川字大岐地区へ移動し、お約束の

 「博士山 大枝沢天狗神社」と、今年初めての「お愛宕様」へ、仙台から持参したお酒を上げ申し

 てお参りしました。

博士山 大枝沢神社 登り口

お愛宕様の登り口
 
大岐地区のお愛宕様

 
 
●その後はいつもの通り、写真撮影をしながら大岐地区をウロウロと約2時間散策。

昭和村大字小野川字大岐地区。集落背後は喰名山
 
 岩山と滝谷川
 

 岩山の裾にはまだ雪が残る

 滝谷川

 いま昭和村内で大量発生している「マイマイガ」

  いま昭和村内で大量発生している「マイマイガ」
 
 大岐地区高畠の「からむし」

  大岐地区高畠の「からむし」
 
  大岐地区高畠の「からむし」
 
開花直前のかすみ草の蕾

●午前9時前まで大岐地区を散策し、その後、奥会津大学が開催される小野川地区の生涯学習

 センターへ移動しました。