2014年5月5日月曜日

昭和村の水芭蕉祭り&からむし市

2014年 5月 5日 (月・こどもの日) 曇り のち 昼から雨


●昨日4日(日)は奥会津・昭和村で開催される「昭和村小野川博士峠 第10回水芭蕉祭り」&

 「からむし市」へ行ってきました。


●早朝5時に自宅を出発し、まずはお約束の会津美里町(旧会津高田町)の生江食堂で8時からの

 朝ラータイムです。

 開店前に3台の車両が駐車していて、8時の開店と同時に12名がドドッーと入店。

 店内の3つのテーブル席と小上がりの2つのテーブルがお客で埋まりました。

 なお、4月の消費税増税の影響で全てのメニューが50円値上げされていました。


●3月3日以来の2ヶ月ぶりの朝ラーは「ワンタンメン」を頂きました。


●その後、新鶴の広域農道を経由して、奥会津・昭和村を目指しました。


●奥会津・昭和村に入ったら、まずは最初に昭和村大字小野川字大岐地区に鎮座します「博士山

 大枝沢天狗神社」へ今年初めてのお参りです。

 (前回の昭和村訪問時までは雪のため、登れませんでした。)



●その後は小野川地区の水芭蕉祭りの会場へ。

 会場では東京都調布市在住の「昭和村大好きウスイさん」と久し振りにお会いしました。


 





 
 
●水芭蕉祭りの会場で笹巻や揚げ餅、お漬物等を購入し、からむし市が開催中の織姫交流館へ。
 
 織姫OGの赤木洋子さんが来場されたお客様へ、からむし織や展示されているからむし織の製
 
 作者の方の説明・紹介をされていました。 
 


なぜか織姫交流館の入り口上の壁面に燕が2羽、張り付いていました。(巣を作る下見かな?)
 
 
●奥会津・昭和村を後にして、会津坂下インターから磐越自動車道で新潟県に入り三川インターで
 
 高速を降り、その後は新潟県道14号(会津通り)で新潟県新発田市を目指し走行しました。
 
 
●2年ぶりに新発田市内の知人宅へ立ち寄り、その後は国道290号・113号を渋滞もなく走行し、
 
 山形県小国町の道の駅「白い森おぐに」で開催中の「新町60周年 第25回おぐに石楠花(しゃく
 
 なげ)まつり」へ立ち寄りました。


 




 
 
●山形県小国町からの帰途はこれといった渋滞に巻き込まれることもなく、午後6時30分ころに
 
 仙台市太白区への自宅へ戻りました。本日の走行距離は630kmでした。
 
 宮城県・山形県・福島県・新潟県と4県を走行しましたが、どの県でも山間地の杉林の伐採の多
 
 いことに気が付きました。杉の木が売れているのでしょうか。