2014年2月21日金曜日

大雪で宮城県から出られない

2014年 2月 21日 (金) 晴れ


●今日は「1日人間ドック」の日でした。午前9時から午後3時まで。
 昨夜の7時以降は一切食事はダメ、飲み物も糖類のない水かお茶だけ。
 空腹も限界になって先ほど帰宅しました。


●今週17日(月)・18日(火)に福島県の奥会津・昭和村へ行ってきました。
 18日に大芦地区にある ファーマーズカフェ大芦家 で開催された「第8回 奥会津のからむしと
 麻を考える」に出席するためです。


●2月8日・9日に関東・東北地方を襲った南岸低気圧(仙台では台湾坊主と言います)による記録
 的な大雪被害に続き、翌週15日・16日と2週続けての記録的大雪被害の影響で、福島県や宮
 城県では積雪・雪崩による道路の通行止めが各地で発生し、仙台市から福島県・山形県に入る
 ルートがなくなっていました。

  東北自動車道:浦和料金所~岩手県一関IC間 積雪による通行止め
  山形自動車道:村田JCT~山形北IC間 積雪による通行止め
  国道4号線:宮城県岩沼市~福島県二本松市間 40キロに及ぶ渋滞&積雪による通行止め
  国道48号線:仙台市青葉区~山形市東根市間 雪崩による通行止め
  国道113号線:宮城県七ヶ宿町~山形県高畠町間 積雪による通行止め


●出発予定時刻の17日(月)午前4時の時点でインターネット等で通行可能な道路の情報を収集
 してみると・・・、
 東北自動車道は上り線は那須塩原ICまで開通しているものの、白石ICから南は大渋滞、国道
 4号線上り線は相変わらず宮城県・福島県の境で通行止め、国道48号線は雪崩の影響で通行
 止めが継続中、国道113号線は開通しているものの道幅が狭いため、トラック1台のスタックで
 すぐに走行できなくなるリスクが高くできれば避けたい。国道286号線も積雪の影響であちらこち
 らで通行止めに。
 で結局、関沢ICまで部分開通していた山形道を使用しようと、東北自動車道仙台南ICから村田
 JCTを経由し、山形自動車道関沢ICへ。関沢ICで仕方なく高速道を降り、国道13号線から国道
 121号線大峠経由で喜多方市から会津坂下町に抜けるルートを選択しました。


●山形市内の国道13号線は思った以上に雪が無く、米沢市内のコンビニでコーヒータイム。
 その後、走行する車両が皆無の国道121号線大峠を走行し喜多方市へ。
 (大峠も例年の冬と比べると路面・路肩ともに積雪量は少なく感じました。)
 山形県側は雪がちらちら程度でしたが、大峠トンネルを越えて福島県側へ入った途端、猛吹雪の
 天候になりました。が、走っている車両も皆無なので、いつものペースで会津美里町の生江食堂
 を目指して走りました。

 国道121号線大峠を除雪中のタイヤドーザー

朝8時の開店と同時に入店し注文した生江食堂のいつもの朝ラー


●今年初めての生江食堂の朝ラーを食べ、会津坂下町の24時間営業のガソリンスタンドで給油
 し、柳津町の道の駅で洗面を済ませ、一路奥会津・昭和村を目指しました。

 大成沢

  境ノ沢

昭和村入り口
 
 昭和村・大岐地区の岩山
 
 とあるカフェ前の石灯籠

 野尻のガソリンスタンド
 
 キャンプ場前の交差点の電話ボックス
 
 小矢ノ原の作業小屋
 
 
●10時前に奥会津・昭和村へ到着し、雪の中2時間ほど定点撮影を行いました。
 
 
●午後1時前に撮影を切り上げ、ファーマーズカフェ大芦家へ昼食を食べに向かいました。
 食後に大芦家のマスター佐藤孝雄氏とあれこれ話をしていると、会津学代表の菅家博昭氏が翌
 日に大芦家で開催される第8回「奥会津のからむしと麻を考える」の配布用資料を持って現れま
 した。菅家博昭氏とは今年初めてお会いしました。

 

  

 ファーマーズカフェ大芦家の「高遠そば」
 
 重そうに雪を被った大芦地区の民家
 
 正面がファーマーズカフェ大芦家
 
路面に設置されている融雪装置
 
 
●その後、16時頃までファーマーズカフェ大芦家へ滞在し、金山町・三島町を経由し、この日の宿、
 柳津町の「つきみが丘町民センター」へ17時過ぎにチェックインしました。