2013年12月22日日曜日

年末恒例の買い出しへ

2013年 12月 22日 (日)


●今日22日は「冬至」です。


●昨日は年末恒例の「三陸海の幸」の買い出しに岩手県山田町・宮古市へ出かけました。

 岩手県宮古市への「三陸海の幸」の買い出しは今年で8年目になります。

 早朝5時過ぎに仙台市太白区を出発し、目指すは岩手県下閉伊山田町の「山田町観光物産館

 とっと」へ。

 お店に到着したのが開店時間の午前9時過ぎ。

 ここでの1番のターゲットは「シウリ貝(フランス料理で使うムール貝)」でしたが、店内には残念

 ながら見当たらずに、スタッフの方にお聞きしたら「もうそろそろ猟師の方がお店に届けてくれる

 時間ですから」と言われ、待つこと10分。やってきました。待望のシウリ貝が。

 大震災後はなかなかお目にかかることができずに、3年ぶりの「ご対面」でした。

 大量12袋(24kg)を購入し、ついでに新鮮な牡蠣のむき身も2袋(2kg)購入しました。

 山田町の子供たちが「ジオラマ」で作った「将来の山田町の姿」

 店内は海産物からお菓子、Tシャツから手芸品等々、様々な商品を販売

 震災後、度々山田町に応援に来ているAKB48の写真&サイン
 
 
●その後、国道45号を1時間北上し、岩手県宮古市の「宮古市営魚菜市場」へは午前11時過ぎに
 
 到着しました。
 
 駐車場は満車状態でしたが、市場の中は思ったほど買い物客は少なく、スムーズに商品選びが
 
 できました。








山田町観光物産館とっと、および宮古市営魚菜市場で購入した商品は以下の通りです。

 活なまこ、鯵、シウリ貝、牡蠣むき身、殻つき牡蠣、ホタテ貝、新巻き鮭、鮭、スルメイカ、ハモ、

 アナゴ、タラ、イクラ、活アワビ、ワカメ、昆布、煮干し、鯵干し、いしる、エゾイソアイナメ、黒ソイ、

 ひじき等々。〆て5万数千円也。


●帰途には各地の道の駅や産直センターなどにも立ち寄り、各種野菜やぎんなん、干しシイタケ

 などを買い求め、仙台市太白区へは午後6時過ぎに帰宅しました。走行距離は650kmでした。


●今日はこれらの海の幸を持って、福島県郡山市の親せき宅4軒を年末の挨拶回りに訪問します。