2013年11月5日火曜日

美女峠ウォーキング

2013年 11月 5日 (火) 晴れ


●遅くなりましたが参加報告です。

●参加しました!! 10月27日(日)に奥会津・三島町で開催されました
      「巡検使が歩いた道 古の旧街道を歩く」 美女峠ウォーキング
 開催当日は朝から小雨が降り肌寒い天候でしたが、受付会場の三島町役場には朝早くから大勢
 の参加者が集まり、8時30分の受付開始時間には昭和村からの参加者も含め総勢約50名の
 参加者が集合しました。


●三島町の中型バス2台と昭和村の中型バス1台の合計3台にそれぞれ参加者が分乗し、三島町
 役場を9時に出発し、間方のウォーキングのスタート地点を目指し出発しました。
 雨が降る中、間方の美女峠入り口に到着し、主催者挨拶やウォーキングガイドの紹介などがあ
 り、9時30分にウォーキングがスタートしました。

バスの車内では三島町役場の職員の方から簡単なスケジュール等のレクチャーがありました。
 
冷たい雨が降る中、美女峠入り口でのスタッフ紹介と出発式

 三島町側美女峠の一里塚(左側)
 
三島町側美女峠の一里塚(右側)
 

●途中一度の休憩をはさみ、11時すぎに峠の頂上に到着。このころには雨は上がりましたが風が
 出てきて肌寒くなりました。

 美女峠の三島町側にある「山の神」。社もなく、半分は土に埋まり、案内看板1枚あるのみで、
以前に登った「吉尾峠」とは違い、意外と粗末な扱われ方でした。
 
 美女峠頂上(782m)での記念撮影タイム
 
 
●1名の参加者が体調不良で遅れていたため、約20分ほど頂上で休憩し、それぞれがおやつを
 食べたり記念撮影をしたりして過ごしました。
 その後、主催者から美味しい「飴」の配給を参加者全員でもらい、昭和村側へ下り始めました。

 
 昭和村側の一里塚(左側)

昭和村側の一里塚(右側)

●12時15分過ぎに全員が無事に昭和村野尻の美女峠入り口に到着し、待機していたバスに乗り
 込み、「第15回秋味まつり」が開催されている昭和村両原の「からむし織の里」へ向かいました。


●からむし織の里へ向かうバスの車内では「そば引換券」と「天ぷら引換券」がウォーキング参加者
 へ配られました。


●12時30分に予定通りからむし織の里へ到着しました。

 酒癖が悪い? と一部では噂の「からむん」がお出迎え

駐車場も満車状態で、沢山の観光客でにぎわっていました。

●早速各テントを回り、販売している商品の品定め。取り敢えず「茸おこわ」と「ノンアルビール」を
 ゲット。頂いた食券で「天ぷら」と「そば」を交換し、昼食タイムとなりました。(ごめんなさい。食べ
 るのに忙しく、写真は無しです。) 頂いた「けんちんそば」がぬるくて、美味しくなく、残念でした。


●からむし織の里での滞在時間は12時30分から14時30分までの2時間の予定でしたが、冷え
 込んできたこともあり、予定を早めて、13時45分に昭和村を出発し、三島町へ戻りました。


●14時30分に三島町役場へ到着し、全員無事に解散となりました。


●三島町役場の方々や間方地区の区長さんには大変お世話になりました。有難うございました。


●15時30分には宿泊予約を入れていたいつもの宿、柳津町の「つきみが丘町民センター」に到着
 し、部屋に荷物を置くと早速お気に入りのお風呂に飛び込み、冷え切った体を温めました。