2013年10月10日木曜日

昭和村3日目

2013年 10月 10日 (木)  快晴


●奥会津・昭和村の3日目はファーマーズカフェ大芦家さん主催の「歴史街道 吉尾(よしゅう)峠

 散策」の日です。

 この「吉尾峠」は「美女峠」と繋がる「福島県道153号線 小林会津宮下停車場線」と言う立派な

 名前が付けられており、以前に私自身が奥会津大学のプレゼンテーションで「自動車不通県道」

 として取り上げた経験があります。

 9時に昭和村のからむし織の里へ集合し、石田さんを案内人に総勢8名で中向の吉尾峠入口ま

 で自動車2台に分乗し移動しました。


●この日も台風24号の影響で、山歩きには不向きな非常に暑い1日でした。私のように太っている

 人間には「暑さ」が一番の強敵です。


●9時30分から歩きだし、峠の山の神様には11時30分ころに到着しました。

 しかし、昼食の時間にはまだ早いので、吉尾集落跡まで足を延ばしました。










●今回、案内人を務めてくださった昭和村松平在住の石田さんが、ボランティアで前日に下草の

 刈り払いをしてくれたおかげで、とても歩きやすい山道でした。


●全員で峠の頂上の山の神の祠の前で昼食を食べ休憩しました。


●帰り道は90%が下り坂であっという間に自動車を駐車している車道に戻ってきました。


●その後、自動車で移動し、「美女峠」の袴沢林道入り口と野尻入口に設置してある案内板の解説

 を受け、馬頭観音がお祀りしてある「美女峠入口」へ向かいました。


●奥会津・昭和村の野尻地区で、今回の参加者の小林弥吉氏が今年5月から建設中の「新居」を

 見せていただきました。


●15時に予定通りからむし織の里へ戻り、無事解散となりました。

 主催者の「ファーマーズカフェ大芦家」の佐藤夫妻、及び、案内人の石田氏には大変お世話に

 なりました。有難うございました。