2013年6月9日日曜日

第4期奥会津大学開校

6月9日(日) 晴れ


●昨日は第4期奥会津大学の開校&初授業の日でした。
 昭和村も早朝は雨が降っていましたが、6時くらいから晴れの好天になりました。

●昭和村での早イチは、お約束の「博士山 大枝沢天狗神社」へお参り。
 その後、かすみ草の圃場写真撮影。
 滝谷川の川沿いでは、今年初めてシオカラトンボが飛んでいるのを見ました。

●午前10時から昭和村公民館で奥会津大学の授業が開始。午前中は大芦地区の戊辰戦争戦死
 者のお墓、及び大芦地区の戦いのあった場所をフィールドワーク。
 もしかしたら、大芦で戦いのあった1868年9月24日の風景と、今日私達がフィールドワークで
 歩いた風景とは、大きな“差”がないのかもしれないと現地を見て感じました。

●その後、お弁当を持参した受講者全員で大芦地区の「大山祇神社」の境内で、セミの大合唱の
 中、昼食を食べました。

●昼食後は再び昭和村公民館へ戻り、150分間、菅家先生が資料&スライドを使用して、会津戊
 辰戦争の背景や村人たちの対応、各種資料の裏付け等を説明されました。

●本日の「野尻組(昭和村)の会津戊辰戦争」の授業の講師を務められた、菅家博昭先生の相変
 わらずの緻密な資料と丁寧な説明には頭が下がる思いで、御礼と感謝を申し上げます。








●奥会津大学が終了後、矢の原湿原内の「代官清水」で美味しい湧水160リットルを汲み、仙台へ
 の帰路につきました。